MESSAGE

超高齢化社会をスポーツで乗り切る

2020年は新型コロナウイルスの影響で自分自身、本当に考えらせられる1年でありました。12月31日の大晦日には過去最多の感染者数を記録し年末年始の過ごし方が求められる年越しとなりました。医療崩壊が進み搬送先が決まらないケースも出てきました。そんな中、日夜問わず奮闘する医療従事者の皆さまには本当に感謝しかございません。一方、日本国内では2025年問題「超高齢化社会」が待ち受けており高齢者(65歳以上)を生産年齢者(15~64歳)が2人で1人の割合で支えていかなければならない時代がすぐそこまで来ています。このままでは医療費増による医療崩壊は目に見える状況です。これを防ぐことはできないが一人ひとりが健康になることで最低限の保障に済ませ医療費の抑制、医療崩壊をスポーツの可能性で先延ばしすることは可能です。この先延ばしこそがこれからの私たちの使命となります。
VISION

すべての人に持続可能なスポーツ機会の提供

厚生労働省の発表では国内で運動不足で亡くなっている方は年間で5万人いるといわれています。運動ができない理由は様々ありますがいくつになっても楽しく運動できる機会を増やし毎週集まれる場所の提供に努めます。
AFL

すべての人に持続可能なスポーツプログラムの提供

1人での運動はなかなか続きません。目標や目的を持つことで継続率が大幅にアップします。目標・目的を可視化することで一人競技でも楽しめるスポーツ機会を増やします。
2021年度

自分にあったスポーツを選択する自由

国内のレッスン料は高く多くのスポーツに触れることができていないのが現状です。小学生年代には多種目のスポーツに触れてもらい低廉で学べるシステムを整備し試合が多いコミュニティを整備する。

アスリート支援

様々な経験をしてきたアスリートが引退後、ボランティアなどの社会貢献事業、スポーツの普及活動など自己実現に注力できるようなシステムを構築し 選手時代から自身の分身となるアバターを育成、キャリアを養成する仕組みを整備していきます。

最適なタイミング最適なケアの提案

一人ひとりの身体の体調や気分に合わせたプログラムの管理・提案機会の創出を行う

ミッション

  • するスポーツの目的・意識付け
  • するスポーツのインフラづくり
  • すべての人にあったスポーツプログラムの提供

行動方針

  • 私たちはすべてのプレーヤーとともに楽しみます
  • 私たちはプレーヤーが継続できるよう努めます。
  • 私たちはプレーヤーの成長を楽しみ共有します。